img_02

皮膚切開法でタトゥー除去するときの痛み

タトゥー除去の方法に皮膚切開の方法で除去するというものがあります。

この方法は局所麻酔をしてタトゥーのある部分を切り取り、あとで皮膚を縫合するというものです。



タトゥーの大きさがワンポイントでそれほど大きくない物でも、レーザー治療で除去できないと分かった場合に、皮膚切開法が適応になることが多いです。

この手術法を説明された時に局所麻酔をするから手術は痛くないのではないかと思う人もいます。

しかし実際はこの局所麻酔をするのが痛みを伴いますし、手術中は麻酔がかかっていますが、麻酔が切れるとまたその部分に痛みが起こるのです。

タトゥー除去の痛みなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

そして術後は痛みが継続するために鎮痛剤などを内服することもあります。

タトゥー除去をする場合に、なるべく綺麗に除去したいと思う人もいますが、その範囲や色によってはどうしても皮膚切開法しか適応できないこともあるのです。その場合には、やはり手術の痕が残ります。
時にはケロイド体質を持った人がおり、その人は傷が盛り上がり、手術創が大きく残るということもあります。

タトゥー除去の後を見るたびに精神的に辛いという人も少なくありません。


タトゥーを入れることは簡単ですが、実際にタトゥー除去をする時には大掛かりなことになります。また体にメスを入れ傷はできますし、手術によって除去したという精神的な痛みをずっと持つことになるのです。

ケロイドにならないような軟膏もあるために、その体質の人はあらかじめ医師に相談をしておくことも大切です。

教えて!gooの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。